温かみのあるお家に!注文住宅におすすめの無垢材についてご紹介します!

無垢材は、おしゃれな住宅に使用されているイメージはありませんか?
そんな無垢材の見た目に憧れを抱きながらも、扱いづらさを心配されて諦める方もいらっしゃいます。
しかし、無垢材のメリットは見た目だけではありません。
無垢材のメリットを知っていただくためにも、今回は無垢材についてご紹介します。

 

□無垢材のメリット

無垢材とは木材の持つ自然の風合いや香りといった特徴を持った木材のことです。
無垢材では、その他の木材に使用される塗料や接着剤は使用されません。
これは、無垢材の大きなメリットと言えるでしょう。

なぜなら、シックハウス症候群になるリスクを大きく低下させるからです。
シックハウス症候群とは、建材に含まれる化学物質が原因で引き起こされる体調不良のことを指します。
無垢材は天然の素材を活かしたものであり、症状の原因となる物質はほとんど含まれません。
このことから、無垢材は身体にやさしい木材であると言えますね。

また、無垢材には湿度や温度を調整する機能があるといわれています。
日本の夏は湿気が高いことで有名ですが、無垢材には湿気を吸い取る効果があります。
反対に、冬の乾燥した時期には、無垢材の中に含まれる水分が外に放出されます。
このような湿度を調節してくれる機能があるため、無垢材を使用すれば、快適な住空間を実現できるでしょう。

□無垢フローリングの特徴

無垢材は住宅のさまざまな場所に用いられますが、近年、フローリングに無垢材を使用することが多くあります。

フローリングとして無垢材を活用すれば、温かみのあるお部屋になりますし、木が持つ味わいを楽しめます。
しかし、無垢材は天然素材であるため、汚れや傷には少し弱いというデメリットも存在します。
ただ、使い込めば使い込むほど味わいがでるのも魅力の1つで、住宅に使う人の色に染められていくことでしょう。

また、無垢フローリングは湿度や温度によって、少し形状が変化するという特徴があります。
これは先ほどご紹介した、湿度の調節機能と深い関係があります。
このような、天然素材特有の木の呼吸を感じられることも魅力と言えるでしょう。

以上のような特徴を踏まえると、木が本来持つ香りや温かみ、色合いといった要素が好みの方には、無垢フローリングがおすすめです。
一方で、これらの特徴をデメリットと感じる方もいらっしゃります。
そのため、本当に自分に無垢フローリングが合っているのか事前にしっかりと検討しましょう。

□まとめ

今回は注文住宅におすすめの無垢材についてご紹介しました。
確かに、無垢材は他の建材とは異なった特徴を持ちますが、その分魅力も多くあります。
当社では、自然素材を使用した住宅づくりの経験が豊富に存在します。
無垢材を使用した注文住宅にご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!