ルーフバルコニーのメリットとは?注文住宅をお考えの方は必見です!

家づくりをお考えの方で、開放的な屋外空間が欲しいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、そういった方に向けて「ルーフバルコニー」の概要やメリットについて解説します。

□ルーフバルコニーを設置するメリット、デメリットについて解説

この記事をご覧になっている方の中には、ルーフバルコニーについてあまり詳しくない方も多いかもしれません。

ルーフバルコニーとは、2階以上の場所で、下に部屋があり、かつ屋根がないバルコニーのことを指しています。

外側に飛び出したのが通常の「バルコニー」、すぐ下の場所に部屋があるのが「ルーフバルコニー」という認識でよいでしょう。

 

*ルーフバルコニーのメリットとは

ルーフバルコニーのメリットにはまず、日当たりがいい点が挙げられます。
ルーフバルコニーの多くは屋根を設置しません。
そのため、方角に関係なくルーフバルコニーには多くの日光が差し込むのです。

日当たりがいいと洗濯物が干しやすいというメリットに繋がります。
広々としたルーフバルコニーであれば洗濯物も干しやすく、日々の家事ストレスも減らせますよ。

布団といった大きな洗濯物も気軽に干せるうえ、大容量の洗濯物が広々干せるのは嬉しいポイントですよね。

さらに、大人数でのバーベキューや、ガーデニングといったアウトドアが楽しめるのも、ルーフバルコニーの大きなメリットです。

*ルーフバルコニーのデメリットについて

デメリットとしては、排水性の低下が挙げられます。
ルーフバルコニーの場合、排水の問題で水が貯まってしまう可能性があります。

屋根であれば十分な勾配をつけて排水できますが、ルーフバルコニーの場合はあまりきつい傾斜は付けられません。

屋根と比較して排水システムに工夫が必要であることを覚えておきましょう。

□ルーフバルコニー施工の注意点を解説

注意点として、まずルーフバルコニーが本当に必要かどうかしっかり考えましょう。
ルーフバルコニーは部屋1つ分もの面積になるため、通常の部屋を作るべきだったと後悔する方もいます。

また、落下防止措置についても十分に検討しましょう。
見晴らしの良さと並行して、高齢者や子どものために、安全性の確保は欠かせません。

□まとめ

今回は注文住宅におけるルーフバルコニーのメリットやデメリット、注意点について解説しました。
ルーフバルコニーには日常生活を彩るたくさんの魅力があります。
ご家族とよく相談して、後悔のない家づくりを心がけましょう。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!