注文住宅にかかる費用の内訳を紹介します!

「自分の今の収入だと、どんな注文住宅が建てられるのだろうか。」
「注文住宅を建てる際、理想を詰め込んだらどれくらい費用がかかるのだろうか。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいますか。
そこで今回は、注文住宅にかかる費用の内訳を解説します。

本記事を参考に、今後の資金計画を行っていただけたら幸いです。

 

□注文住宅の建設費用の項目とは

注文住宅を建てる際にかかる費用は、大きく分けて3種類あります。

*本体工事費用が全体の約7割

本体工事費用とは、建物そのものを建てるためにかかる費用のことで、全体の費用の約7割が目安です。
内訳は、家の根本を支える基礎工事や空調・キッチンの設備工事、コンセント取り付けなどの電気工事があります。
庭や駐車場は本体工事に含みません。

みなさんは、「住宅価格1500万円」と謳う広告を目にしたことはありますか。
この場合は1500万円が全ての費用ではなく、その他の費用を含めるとそれだけでは済まないことが多いでしょう。
このような広告があっても鵜呑みにしないことをおすすめします。

*付帯工事費用が全体の約2割

付帯工事費用とは、建物以外の工事にかかる費用のことで、全体の費用の約2割が目安です。
内訳は、庭や駐車場といった外構工事、エアコンおよびカーテンの設置などがあります。
土地の状態により必要な金額が大きく変わる場合があるため、注意してください。

例えば、地盤が弱い土地の場合、地盤改良をする必要があります。
地盤改良費は、地盤の強度や建てる家の構法によって変動します。

*諸費用が全体の約1割

諸費用とは、ここまで述べた本体工事や付帯工事以外でかかる費用のことで、全体の費用の約1割が目安です。
住宅ローンを結ぶ際に関わる費用をはじめ、家具や家電の購入費用、引っ越し代が含まれます。

その他、ご近所へのごあいさつや税金関係、地鎮祭が挙げられます。
本体工事や付帯工事の費用に目がいきがちですが、これらの諸費用も意外とかかる部分ですので、事前に把握しておきましょう。

また、現金で支払うものが多く、契約の内容により費用が変わる場合もあるため、余裕を持って準備しておくのがおすすめです。

 

□まとめ

注文住宅を建てる際、どの項目にどれくらいの費用がかかっているかをご理解していただけたと思います。

当社は、「本当にこの家にして良かった」と言っていただけるよう、自信を持って注文住宅をご案内しております。
お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!