マイホーム検討中の方必見!4人家族の一般的な間取りとは?

マイホームをご検討中の方で、「自分たち家族に適した間取りがわからない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
確かに最低限の広さや間取りは想像しづらいですよね。
そこで今回は、4人家族の一般的な間取りや広さの目安をご紹介します。

 

□4人家族にとっての一般的な広さと間取りとは

大人2人と子供2人の4人家族の場合と仮定し、一般的な家の広さと間取りはどれくらいなのかをご紹介します。

 

仮プラン作成

*4人家族にとっての一般的な広さとは

間取りや地域によって異なりますが、一般的に30~34坪程度の広さが多いです。

ご夫婦で使用する寝室は6〜8畳、子供部屋は4.5〜6畳ほどが平均的な広さです。
最終的に部屋の広さを決める際は、その部屋に何を置きたいのかを考えてみることをおすすめします。

例えば、寝室にはテレビを置くのであれば部屋を広めにした方が良いかもしれません。
子供部屋には学習机とベッドだけで良いとお考えの方は、あまり広さを重視しなくても良いですね。

*4人家族にとっての一般的な間取りとは

4人家族に人気の間取りは、4LDKが多いですね。
寝室が1つと、子供部屋2つ、用途に合わせた部屋1つを設けるのが人気です。

また、子供が小さいうちは子供部屋は必要ないとお考えの方もいらっしゃいますよね。
そんな方には、リビング横に部屋を置く間取りがおすすめです。
引き戸を設置し普段から開けておけば、いつも子供の様子を視界に入れておけるため安心ですよ。

子供が成長したら独立した部屋として使えます。
このように、子供の成長に合わせて家のスタイルを変えられる設計にするのがポイントですね。

 

□快適な暮らしのポイント

快適な暮らしのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、各部屋の広さです。

部屋が広すぎるとエアコンの効きが悪くなり、掃除も大変ですよね。
しかし部屋が狭すぎても家具の配置に困ってしまう可能性もあります。
このような問題に直面しないよう、間取りを考える際には入念に計画をしてはいかがでしょうか。

2つ目は、収納スペースの確保です。

家族の人数分の収納スペースは確保されていますか。
今後家族の人数が増えることも考慮し、ウォークインクローゼットやシューズインクローゼットを用意するのがおすすめです。

 

□まとめ

4人家族の一般的な間取りや、快適な暮らしのポイントについてご紹介しました。
本記事を参考に、理想のマイホーム作りを行っていただけたらと思います。
当社は、お客様のご要望に合わせたマイホームをご提供しております。

マイホーム建設について不明点や困ったことがございましたら、気軽にお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!