gtag('config', 'UA-122591716-1');

豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / 漆喰や珪藻土ってどのくらい湿気を吸ってくれるの?

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っているナナハウスの中島です。

いつもご拝見いただきありがとうございます。

 

ついに梅雨入りですね。スッキリしない天気と湿度で気持ちもなかなか晴れないですよね~。

ウキウキしているのはコインランドリー業者さんだけかな?(^^;)

 

さて、この時期はみなさん洗濯や掃除などで乾きづらかったり、カビが繁殖して掃除も大変では

ないでしょうか。当たり前の事なので仕方なく思われている方も多いのでは?

 

 

しかし、そうなのでしょうか?雨が降れば水なので水分が蒸発し湿度が上がる、これは当然ですね。

洗濯も衣類に含む水分が蒸発しなければ乾かない。当たり前ですね。ではどうしたら良いのか?

 

それは乾燥させる、水蒸気を飛ばす事です。強制的に行うのが除湿機やコインランドリーなど機械で

熱を加えたり与えたりして行う事で解消できますね。

 

でも、もう一つ方法があります。よく押入れの中に入れる湿気取りのように乾燥剤による吸水です。

こちらは珪藻土をコースターにした物です。湿気を多く含んだ、結露状態のカップ。

 

 

これを一気に振動を与えると・・・水分がコースターへ。わぁ~すご~い。

 

 

吸い込んだら、みるみると・・・乾燥していく!!すごいぞ!その吸水力のパワー!

 

 

変化わかりますか?みるみるうちに蒸発していきました。

 

 

違いがわかるように、また水分を落としてみると・・・わかりますか?

 

 

これだけ水分を吸ってたら湿度も下がり、サラサラで気持ちがいいですよね。しかも自然に行って

くれたら最高ですよね。実は・・ナナハウスのお家はこの時期の湿気を吸水してくれる壁なのです。

室内の天井、壁が『漆喰』なので、室内の空気に含む湿気を吸い取ってくれるのです。

 

例えると・・ビニール袋ではなく紙袋のイメージかな。紙袋って結露しないですよね。あの感じです。

ナナハウスで建築してくださったオーナー様達もアパートに住んでた時と「全然違う!」って言って

くれています。いいなぁ~。室内に干すだけで乾いちゃうみたいです。

 

本当に?そんなバカな。な~んて思われている方、オーナー様に確認してみませんか?オーナーの

皆様も本音でご協力して下さいますので、お気軽にお問い合わせください。

 

では、また。(^^)/

 

 

 

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!