gtag('config', 'UA-122591716-1');

豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / 12ヵ月住宅ローンサポート!

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っているナナハウスの中島です。

いつもご拝見いただきありがとうございます。

 

緊急事態宣言も今日、首都圏と北海道が解除される予定で、これで全国に発出されていた緊急事態宣言も

全面解除となります。今朝、通勤の風景も高校生達が自転車で通学されていて、何だか久しぶりの光景に

平穏な平日が戻ってきたなって感じがしました。まだ完全に感染者0となっていない現状ですので、気を

緩める事なく対策はしていくようにします。

 

という事で、以前に発注していた「マスク」が20箱届きました。

 

 

ちょっと遅いかなぁ~って感じですが、新しい様式では必須なので大事に使っていきたいと思います。

「アベノマスク」はいったいいつ届くのか?皆さん届きました?もう要らないですよね。(^^;)

 

********************************************

 

さて、お仕事のお話ですが、コロナも終息に向かいつつありますが、経済はなかなか復活というか、先が

見えない状況で、トヨタも減産に伴い6月は金曜日の稼働停止という事態に収入も厳しくなってくるのでは

ないかと思います。

 

そんな状況での新築検討は『不安』でしかないと思います。実際に現在ご商談中のお客様からも『今建てる

べきなのか?1年くらい待った方が良いのか?」という声が出ています。正しい答えというかアドバイスは

難しいですが、私の見解は今年だろうが来年だろうが変わらないという判断です。

 

ただ確実に変わるのは住宅ローンの『金利』です。身近な例でお伝えすると「ガソリン価格」のようなもの

です。今、ガソリン価格はかなり安くなっています。2ヵ月前と比較すると20円~30円くらい安いですよね。

今はコロナの関係で大不況となり金利も下降気味ですが、この1年で復活すれば戻りますから金利も上がり

ます。

 

となれば支払額が多くなり月々の負担も多くなるという事です。1年待って負担を背負うのか?それとも今

の低い金利の時に建てて長期固定で安心を取るかどうか?かなと。でも支払いという部分では収入減となり

支払いの負担が大きくなるのはダメだと思います。

 

じゃぁどうしたら?私は何とか新築をご検討されているお客様をサポートしたい!何かできないのか?と考え

この1年だけ乗り切れば『安心して暮らせる』と思い、そこで月々の支払いが負担となるのなら減額で厳しい

住宅ローンの支払いを一部補助してあげれば建てられるのでは?と。

 

そこで、ナナハウスプロジェクトとして『12ヵ月住宅ローンサポート』を立ち上げました!

 

 

予算の関係もありますので全棟という訳には言いませんが、この6月~ご商談、弊社でご建築していただいた

大事なお客様に対し10組限定で毎月の住宅ローンを5万円補助させていただきます。

 

このプロジェクトはナナハウス独自での設立のため、市町村からの補助とかではありません。弊社が補助する

という企画です。土曜日に発表させていただきましたが、すでに2組のお客様からお問合せが入りました。

まだ正式なお申込みではありませんが、お問合せも増えてくると思います。

 

お打合せ~ご商談も増えてきますと、ご対応も遅れる可能性がございますので、ご希望される方はお早めにご

連絡いただければと思います。お気軽にお問合せ下さいませ。

 

【ご相談窓口】

ナナハウス

TEL:0532-47-1010  担当:中島・長坂

 

 

 

 

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!