豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / 塗り壁材とは。

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っているナナハウスの中島です。

いつもご拝見いただきありがとうございます。

 

新型コロナウィルスの感染拡大は留まる気配はなく全国に感染拡大してきています。この東三河も

岡崎市の藤田病院に35名の陰性患者の隔離治療を実施中ですが、もしかしたら関係者からの感染で

広まる可能性があります。あとは時間の問題なのかと。あと、経済界でも大きく影響を受けており、

私たちの住宅業界も設備など中国からの部品欠品で納期が遅れる可能性があるとFAXで通達が届き

ました。早く感染鎮静になって欲しいと心から願うばかりです。

 

********************************************

 

さて、前回はトタンについてお伝えさせていただきましたが、今日は塗り壁について説明させていた

だきます。塗り壁の外壁って見た事があると思いますが、こんな感じのお家になります。

 

 

まず、塗り壁の印象ってどんな感じでしょうか?たぶん、ヒビが入ったり、割れるんじゃないか?

あとは、一番言われるのが雨だれのシミが目立ち良い印象はあまりないのかと。これは実際に汚れ

ている家を多く見るので仕方のない事かもしれません。

 

塗り壁の家を見て、皆さんはどの塗り壁の家材料は一緒だと思いますよね。実は違うんです。同じ

会社の施工例であればもちろん同じですが、会社が異なれば材料はほぼ違うと思います。それは日本

であったり海外製の物だったりと。どっちが良いのか?一長一短あるので、これは判断が難しいで

すが、要は材料次第でしょうか。

 

素材混合剤成分が樹脂系を採用されている塗り壁材はどうしても汚れを引き寄せやすいので数年

汚れが目立ってきます。あとは日本漆喰などは雨水を吸収しやすく壁材の中に水分を保持する為に

カビが発生しやすかったりして汚れとして見えてしまいます。

 

あと割れやすいというのは仕方が無いのかもしれませんが、下地材にメッシュシートを張り下塗りし

上塗りをしっかり行えば100%とは言いませんが、ほぼ割れないのも実証済みです。逆に塗り壁でなく

硬い素材の外壁の方が割れやすいですけどね。(^^;)

 

 

 

塗り壁材汚れが付きやすいというのは間違いありませんが、サイディングのようなつなぎ目が無い

ので雨漏りの心配が無いというのが最大のメリットでしょうか。あとは一体成型のようなフォルム

とても重厚感が出て美しいですね。洋風のお家にはおススメです。海外の建造物は一体成型が多い

すから。

 

という事で、この塗り壁材については、実は弊社も採用している壁材になりますナナハウス

外壁は大理石が材料になっていますので『石』なんです。だから10年後、20年後の外壁塗装が要らな

いんです。いいでしょ。塗装のメンテナンスは150万くらいお金が掛かりますからね。

 

また良かったら3月7日(土)~22日(日)まで完成見学会を開催しますので、その塗り

壁とやらを実際に見ていただきたいと思います。

 

次回は板材についてご説明したいと思います。

では、また。(^^)/

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!