豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / 外壁材の種類

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っているナナハウスの中島です。

いつもご拝見いただきありがとうございます。

 

感染拡大が止まらないですね。またダイアモンドプリンセス号で新たに70人の感染確認がされたよう

です。愛知県も2名の感染が確認されていますが、今後もっと感染者数が増えてくると思います。

もしかしたらこの豊橋、豊川でも感染者が出るのも時間の問題になりそうですので、マスクは最低限

手洗いの励行と消毒はしっかり行いましょう!

 

********************************************

 

さて、ちょっとシリーズ化の話は前回、木についていろいろ書きましたが、今日からは壁材について

書いていこうかと思います。

 

『壁材』って外壁と内壁がありますが、今日は外壁について語りたいと思います。

皆さん、外壁材ってどんなものがあるか?わかりますか?

 

 

え‼ 急に言われても名前がわからないって・・

ですね。なんとなく「こんな感じ」っていうのは言えますが、なかなか名称とかは言えませんよね。

スミマセン。(^^;)

 

では、外壁材には様々と種類があります。

①:窯業系サイディング

②:ガルバリウム鋼板

③:トタン(波トタンなど)

④:塗り壁(漆喰・他)

⑤:板材(杉・檜・レッドシダー・等)

⑥:モルタル

⑦:ALC(軽量気泡コンクリート)

⑧:タイル

⑨:レンガ

⑩:樹脂系(成型品)

 

実はこんなに種類ってあるんです。では、この中でどれが良いと思いますか?

わかりませんよね。たぶん聞いても「へぇ~」で終わると思います。

 

外壁って雨、風、紫外線から家を守ってくれる重要な部分なんです。その国の環境下や地方の環境

例えば・・豪雪地域や沖縄のように気温の高い地域、海沿いだったり山沿いだったりと様々と違い

ます。

 

何でもOK!なら別ですが、やっぱり一生に一度の買い物ですから、そこはしっかり学んで選ぶ事が

大事です。今日は外壁の種類をご説明しましたが、次回から素材ごとに詳しく説明していきたいと

思います。

 

では、また。(^^)/

 

 

 

 

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!