豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / 空気汚染で学ぶ

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っているナナハウスの中島です。

いつもご拝見いただきありがとうございます。

 

今朝、武漢に滞在されている日本人が政府のチャーター便で一時帰国されましたね。羽田空港に待機

している救急車の台数、警備や警察など物々しい状況でした。まだ第一便なので総勢1000名ほどなので

残り5便ですが、一便で4名の感染疑惑者という事は20名ほどになるのか?ちょっとわかりませんが、

感染者が少ない事を祈ります。それにしてもびっくりしたのが、この政府チャーター便って政府が国民

を守るために専用機を用意し帰国させると思って、当然旅費なんかは政府負担だと思ってましたが・・

各自実費なんですね。一人あたま8万くらいらしい。何かちょっとおかしくない?って思っちゃいました。

ちょっと情けないっていうか、チャーター機なんてちょっと俺様的な感じを受けますね。

皆さんはどう思われますか?

 

********************************************

室内の空気汚染ってご存知ですか?

 

武漢のウィルス感染にちなんで、敏感になっている事ですのでお伝えさせていただきますと、実は空気

汚染って自宅の室内でも同様に起きるのです。例えば・・・インフルエンザなんて、家族の一人が感染

すると家族全員感染するって聞きませんか?気を付けていても同じ空気を共有すればリスクは高くなる

し目に見えないウィルスや菌空気中の水蒸気に付着し体内に入ってくるのです。

 

ではその防止策というと・・・一番はマスクの着用で吸引防止、二番目は手洗いやうがいなどがあります。

あとは消毒液で殺菌とかありますが、なかなか家中を消毒するなんて難しいし大変です。ではどうしたら

良いのか?というと、室内を20℃以上、湿度を50%以上で保つとウィルスや菌が約90%以上死滅する

言われています。(臨床実験済み)

 

 

でも湿度を高めると窓や壁に結露が出てしまいますが、ビニールでできた壁材では仕方が無いのかも。

しかし、こういった不安や悩みを解決できるのが自然素材なんです。特に『漆喰』といった塗り壁材

抜群で、日本古来の材料でお城や蔵といった構造物に使用されており、素材自体で温度と湿度を一定

保つよう工夫されているのです。

 

よって私たちの家づくりは昔なかったシックハウスアトピーといった病気になりにくい古来の素材

使っています。もちろんこれから新築をされるお客様については空気環境を良くしていただきたいので

自然素材を使っていただき、もうすでに建築されていて自然素材を使うのが難しい方は壁紙から漆喰

リフォームで改善していただきたいと思います。

 

目に見えないからこそ怖い空気感染、こういう新しいウィルスにも負けない環境を新築時から作っていた

だきたいと願います。

 

また何かご相談などございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

【受付】

TEL:0532-47-1010

担当:中島

 

では、また。(^^)/

 

 

 

 

 

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!